怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談童話創作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

2018-06-22から1日間の記事一覧

ブラック会社のフラタニティがなぜ愚かなのか新人いじめから考える。(創作のヒントも兼ねる)

ブラック会社のフラタニティがなぜ卑怯なのか? 頭が悪すぎるから。 以上。 じゃダメですね。 新人いじめという文化 新人いじめという文化があります。 フラタニティともいいますが、新人いじめとします。 これを広く考えれば、成人の義が新人いじめになって…

140字小説「猟犬」

「猟犬」 その猟犬は良い猟犬だった。 猟師のために、 獲物を狩りだし、格闘し、回収をした。 ある日、山で猟犬はまがいものを見た 猟犬は迷わず逃げた、その姿を見た猟師は犬を全力で追いかけた。 犬の通った道は安全である。 獲物にならないわけのわからな…

「フランスの 諺」と「お金稼ぎの聖書」と「目指せアフィリエイトの星」

困れば悪魔は蠅を食べる フランスのことわざ 最近わかったことがあります。 週3枚以上描くと荒れる。 今更って感じですが。来月から週1以上3回未満で何回やるか考え中です。 目指せアフィリエイトの星 他人事として冷静に書きます。 もしもアフィリエイト…