怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

詩会「弔詞」石垣りん

詩会「弔詞」石垣りん

 

  職場新聞に掲載された一〇五名の戦没者名簿に寄せて

 

ここに書かれた一つの名前から、ひとりの人が立ち上がる

 

ああ あなたでしたね。

あなたも死んだのでしたね。

 

活字にすれば四つか五つ。その向こうにあるひとつのいのち。

 悲惨にとぢられたひとりの人生

たとえば海老原寿美子さん。長身で陽気な若い女性。一九四五年三月十日の大空襲に、

 母親と抱き合って、ドブの中で死んでいた、私の仲間。

 

あなたはいま、

どのような眠りを、

眠っているだろうか。

そして私はどのように、さめているというのか?

 

死者の記憶が遠ざかるとき、

同じ速度で、死は私たちに近づく。

戦争が終わって二十年。もうここに並んだ死者たちのことを、

 覚えている人も職場に少ない。

 

死者は静かに立ちあがる。

さみしい笑顔で

この紙面から立ち去ろうとしている。忘却の方へ発とうとしている。

 

私は呼びかける

西脇さん、

水町さん、

みんな、ここへ戻ってください。

どのようにして戦争にまきこまれ、

どのようにして

死なねばならなかったか。

語って

下さい。

 

戦争の記憶が遠ざかるとき、

戦争がまた

私たちに近づく。

そうでなければ良い。

 

八月十五日。

 

眠っているのは私たち。

苦しみにさめているのは

あなたたち。

行かないでください 皆さん、どうかここに居て下さい。

 

f:id:artart1982:20180512231119j:plain

この詩の漢字の選び方が、

私の文章の癖になっている。

ここか、この詩を何回も読んだから漢字の使い方が、

そうか。

石垣さんは銀行員さんですよねたしか。

同僚のOLをドライフラワーにしてやろうかみたいな詩とかですよね。

言い方が悪すぎる?