「言葉の世界旅行記」併「古典文学黒歴史」

「コトバノセカイリョコウキ」HEY「コテンブンガククロレキシ」

自分を書くこと、ブログを書くこと。

私はモデルなどではないので、自画像も、

f:id:artart1982:20180515224104j:plain

こんなんです。

自分を書くエッセイコンテストなどがありました。

一回やってみました。いやあ、自分は書けないですね。

なので、人の自己紹介を読むのは好きだったりします。

 

はてなや大手ブログの良い所は、他のブログが簡単に見れるところです。

家庭菜園とか海とか動物とかのブログは好きです。

今は写真のブログが好きです。

アイドルは無理だった。

お話を考えるのが好きなので、色んなブログを見ます。

登場する人物全部が自分じゃお話にならないのです。

 

なのでブログをはじめて最初にやるのは、

ブログの読者になることだと思います。

他のブログを見て、機能の勉強にもなります。

 

好きなこと、面白そうなこと、

なりたいブログ、人気のあって自分が読めるブログ。

この4つでブログを探します。一応。

 

ブログが面白いのは生き物な所です。

だから、人のブログは見ます。

 

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

人気のあるブログとして、勝間さんのブログの読者になりました。

アメブロやってたときに人気ブログとして読んでた、

ある有名人よりもしっかりしていて楽しいです。

読んでて、きつかったし、わからなかったけど、そんなもんかなって見てました。

 

で勝間さんがブログを何故書くのか書いてました。

 

すてきな文章ですね、何が言いたいかはっきりしていて、

例えも入っていて想像もしやすいです。

思ったのは、けっこうあっさりですね。

びっくりするくらいあっさり。

照れ屋さんなんですかね。

 

長く書こうと思えば書けるんですよね。

それこそ、読者をいかに愛してるかを2000文字書く人もいるでしょう。

気持ち悪と思って、そっと閉じます。

 

みんなを愛してまーすと言って、許されるのは棚橋さんだけなので、

ひかえめな勝間さんの好感度が勝手に上がりました。

あと猫が好きな人は私はみんな良い人だと確信をもって思っています。

犬が好きな人は支配欲が強いと思っている。

 

私は自分を語る言葉を持ちません。

自分を書くエッセイコンテストに応募してみましたが、

どうせ、すごい体験の人が取るに決まってると思い、

詩と作文を混ぜたものを1000字ほどで書きました

 

これだけ書いて、自分は自分を書く言葉を持ちませんでいいのか?

 

ブログを書くときに考えているのは、

文章は相手に何かを与えるものだという大学で習ったことと、

文字数ですね。

人に何かをあげれるようになるためには、自分も何かを得ないといけないので、

ブログとともに自分も成長していく。はず。だ。よね。

そうすれば失敗しても大丈夫だ。

そんなことを大事にしています。

 

一日何回ブログを書けばいいで、一言更新を大量に書いていて、

変なアクセス数に踊らされていた人の阿鼻叫喚を、

2018年の4月末にアメブロで大量に見ました。

 

アメブロは記事の確認などのロボットをアクセスに入れていたのですが、

ロボットのアクセスを4月末に外し、

他のカウントのサービスと同じにしたのです。

それで、100pvが0などになったりする人が、大量に出たのです。

ご丁寧に過去の分のアクセスも減ってました。

意味なく更新するなら、気になることの本を買った方がいいと思います。

 

文字数は子どもは1000文字以上の音読がきついそうです。

間違ってますよね、1000文字以上は大人でも嫌です、が正しいです。

なので、少し軽く、700字が基準です。一応ね…

 

あと、予約投稿を締め切りとして使うのも面白いかもしれません。

最初に記事を入れてしまう。で直しながら書く。

 

ではでは。