「言葉の世界旅行記」併「古典文学黒歴史」

「コトバノセカイリョコウキ」HEY「コテンブンガククロレキシ」

古典の本を買いませんか?

お題「好きな作家」

f:id:artart1982:20180515113937j:plain

好きな作家は雨月物語上田秋成です。

 

古典に興味ありますか?

古典を買う時、古本屋で写本を買うのではなく、

様々な形になってる本の中から選びますよね。

なので古典の本の種類と選び方です。

 

完訳や訳付や解説付きにそのまま

単純に物語がそのまま訳されているのと、

訳 か原文のどちらかが主として、もう片方が付属として付いている物。

解説が付いているものがあります。

それと、ほぼ手を付けない、そのままのもあります。

 

解説が付いています。

話の内容が分かり、背景に詳しくなる本です。

ただ、この本でも上田秋成の風景の描写などが結構削られています。

 

artart1982.hatenablog.com

青頭巾の真ん中のこの部分が省かれてました。

なので、

ほぼこのタイプの本は内容に影響ない程度に、

削られていると思っていいと思います。

 

 

完訳とか全とか書いてある本だと全部乗ってるはずです。

知ってれば、このページ数は話を削ってるなと分かりますが、

知らないと薄い方買いますよね。安いですしね。

 

宇治拾遺物語、今昔物語、雨月物語などの

複数の話が入ってる物語集の共通点として、

入ってる話の時代がバラバラということがあります。

 

雨月物語では、「白峰」に崇徳院が出てきて、

平家早く滅びろやと西行に愚痴ります。

「貧福論」は徳川家康徳川幕府を作ることを示して終わります。

なので、時代が違うので常識が結構バラバラです。

 

ただ、貧福論は歌に徳川幕府を暗示する形なので、

解説なしを買って、知らないと気づかないかもしれません。

 

当時の常識はあえて説明がなかったりする時もあります。

10年前の本とかでも分かりますが、常識は結構変わるので、

説明なしは大変です。

コギャルやエンコーという言葉に解説がつく時代がもうすぐ来るでしょう。

あぁヤマンバっていたな。

 

解説がついていると、単純な話も意外と奥深い話だったりします。

こればっかりは知らないと分からないので、

解説がついていると良いかなと思います。

 

最初は解説付きで原文の一部が付いているのがおすすめ

訳文に原文が一部付いていて、解説があると良いと思います。

何回も読めば、色々慣れるでしょう。

 

慣れると信じている…

釈迦関係辛いよぉ…