怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

フランスのことわざと夢占い

f:id:artart1982:20180514204742j:plain

言葉は思う所を偽るために生まれた

 

フランスのことわざ

 

不幸を幸福に変えるためですよ。

と言ってみる。

 

夢占い

創作のヒントになればと夢占いをしています。

 

役にたちませんよ。

でも習慣でやってます。

 

夢は語ると取られるので、

言いませんが。

いや言いましょう。

 

蝙蝠の夢を見ました。

蝙蝠は幸福と逆転だそうです。

蝙蝠可愛いですよね。

 

あたれ…

あたれあたれあたれ

 

書斎と猫とすごすソファが欲しい…

あたれあたれ

 

猫といっしょに過ごせる椅子がない。

猫を膝にのせればいいのですが。

 

夢占いは、本によって結果が違います。

夢は占いじゃなく、問題と向き合う物。

夢診断という本もありますが。

夢診断の場合個人の好みが反映されないので、

占いとあまり変わらないな。

 

いや、

現実的なだけ私にはつまらないです。

なので、

好きな物の診断結果を見て買うのを判断するのがいいかなと思います。

 

プランク30日

最後のグループ

4分、4分半2回、5分じゃなくて、

4分2回、4分半、5分だったのか。

4分半はしんどい…

あと二日。