怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

140字小説「猟犬」

「猟犬」

 

その猟犬は良い猟犬だった。

猟師のために、

獲物を狩りだし、格闘し、回収をした。

ある日、山で猟犬はまがいものを見た

猟犬は迷わず逃げた、その姿を見た猟師は犬を全力で追いかけた。

犬の通った道は安全である。

獲物にならないわけのわからないものの相手をするのは、

時間と命と弾の無駄である。

 

 

君子危うきに近寄らずの

君子は

賢い人という意味です。

学識、人格に優れれば危険に近寄らないという意味になります。

 

わざわざこのブログに来て下さったあなたを、私は大切に思います。 

 

マタギ奇談 狩人たちの奇妙な語り

マタギ奇談 狩人たちの奇妙な語り

 

 

 

 

広告を非表示にする