怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

詩会「洗面器」金子光晴

   詩会「洗面器」金子光晴

 

(僕は長年のあひだ、洗面器というふうつはは、僕たちが顔や手を洗ふのに湯、水を入れるものばかりと思つてゐた。ところが、爪哇人たちは、それに羊や、魚や、鶏や果実などを煮込んだカレー汁をなみなみとたたへて、花咲く合歓木の木陰でお客を待つてゐるし、その同じ洗面器またがつて広東の女たちは、ひょうかくの目の前で不浄をきよめ、しやぼりしやぼりとさびしい音を立てて尿をする。)

 

 

 洗面器のなかの

さびしい音よ。

 

 くれゆく岬の

雨の碇泊。

 

ゆれて、

傾いて、

疲れたこころに

いつまでもはなれぬひびきよ。

 

人の生のつづくかぎり。

耳よ。おぬしは聴くべし。

 

洗面器のなかの

音のさびしさを。

 

f:id:artart1982:20180512215731j:plain

女へんに票でひょうで客と合わせて、

遊郭などの客を表す、

ひょうかくなのですが、

漢字が出てこない…

 

Twitterとやらを試験的にいじってるんですが。

始めて二日目に東京都の千代田区のマカーさんから不正アクセスの疑いありと通知。

Twitterこわい。

千代田区怖い。

 

わざわざこのブログに来て下さったあなたを、私は大切に思います。 

広告を非表示にする