怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

140字怪談「まがいもの」

140字怪談「まがいもの」

 

山には河童がいる。山には天狗がいる。

どちらも山の神である。
たまに山を歩いていると、甲羅を背負った鳥みたいな河童にも天狗にもなれなかった奴をみることがある。

神になれなかったのだ。
目を合わせるとおまえおまえと叫ぶので絶対に目を合わせてはいけない。

 

 

f:id:artart1982:20180721030242p:plain

有島武郎さん、森鴎外さん、井上靖さん。

 

河童と天狗は両方ともくちばしがあるので、同じものがルーツではないかという話があります。

 

わざわざこのブログに来て下さった貴方を私は勝手に大切に思います。

広告を非表示にする

140字怪談「お狐様」

140字怪談「お狐様」

 

山にある寺で狐にあった。

「昔は酒に厚揚げがおいしかった。ねぎをかけたら竹虎。

大根おろしで雪虎となる。ただ飽きてきた」

狐は哀れな声で言う。

「チーズケーキは良いな、あれなら百年後も悪くならないだろう」

狐はそう言うと山に入っていった。

お狐様はチーズケーキも好きでございます。

 

f:id:artart1982:20180708205035p:plain

麻生太郎さん、佐高信さん、野間清治さん。

 

もう怖い話から外れてる。

チーズケーキ、ショートケーキは飽きませんね。

伝統の素晴らしさです。

伝統関係ないですね。

 

 

わざわざこのブログに来て下さった貴方を私は勝手に大切に思います。

広告を非表示にする

140字小説「生まれ変わったらベンガルでした」

140字小説「生まれ変わったらベンガル猫でした」

 

あの日は嫌な天気だった。

トラックがふってきたのだ。

雨のようにトラックがふってきた。

そして私は猫に生まれ変わった。

美しいベンガルだ。私はまるくなって寝た。

起きると、サバトラが寄ってきた。

「よう新入り、ネズミ狩にいこうぜ」

私は悲鳴を上げた。

目が覚めると、サバトラが飯だと鳴いた。

 

f:id:artart1982:20180613124342j:plain

 

ベンガルの画像などなかった。

異世界転生ですよ。

今流行ってる奴です。

 

一応言ってみただけです。

f:id:artart1982:20180625133556p:plain

きたぞ総合A評価。

蟹工船小林多喜二さんと松たか子さん。

 

logoon.org

 

土用の丑の日はうの付く食べ物でもいいので、

うなぎパイがおすすめです。

あとうまいぼう。

 

わざわざこのブログに来て下さったあなたを、私は勝手に大切に思います。 

広告を非表示にする

アフィリエイトブログの作り方からそうじゃないブログを考える。

アフィリエイトからそうじゃないブログを考える。

 

なんとなく初めたもしもアフィリエイト

そこの特徴はアフィリエイトの講座があることです。

有料のアフィリエイターの養成講座もあるそうです。

私が読んでるのは有料講座の呼び水ですね。

 

そこで分かったことはこのブログはアフィリエイトに向かないということですが、

使えそうなものは使おうと思いました。

 

SEOのために今はステルスは出来ないという

SEO対策という言葉がありますね。

正確には誰も分かりませんが、検索されやすいサイトやブログを作るのが大事です。

そのためにはブログ名も大事だといいます。

続きを読む
広告を非表示にする