怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談童話創作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

伝聞昔話「夢蜂長者」(楽しい民話)

  伝聞昔話「夢蜂長者」

 

 

 二人の男がいた。

 一人は若者で、もう一人は老人だった。

 二人は馬が合いいっしょに旅をしていた。

 ある晩、若者はぶんぶんという音に眠りをじゃまされた。

 ぶんぶん

 黄金の山に

 ぶんぶん

 鉢が飛ぶ

 鉢はそう歌いながら老人の鼻の穴に入っていった。

 朝になり食事をしていると、

「昨日は変な夢を見たよ。鉢になって西にある光る蜜柑の木の下に埋まってある黄金を見ている夢だった」

 老人の言葉を若者はこれは本当の夢だ。正夢だと思った。

 この老人は信じていないが夢の通りにすれば金持ちになれると思った。

 そして、若者は老人と別れて西へ蜜柑の木を目指して歩いて行った。

 西へ西へと若者は向かった。

 そして、陽の光を反射してきらきらと光る蜜柑がなっている木を見つけた。

「やった、みつけた。これで金持ちだ」

 若者は喜んだ。

 そして夢中で蜜柑の木の下を掘ると黄金の入った袋が出てきた。

 その晩、若者は夢を見た。

 黄金が老人の所へ飛んで行く夢を見た。

 目が覚めると小さい黄金を一粒だけ残して黄金はどこかへ行ってしまったのだった。

「夢はその人の物だから買えないというわけだろうか、それとも老人から全部夢だったのかな?」

 若者は一粒の黄金を見ながら言ったのだった。

 そして、老人は夢の通りに黄金が飛んできたと黄金を見て喜んだのだった。

OUTERDO 赤ちゃん転倒防止リュック 頭ガード 室内用リュック 乳幼児用 ベビー 転倒防止 頭を保護できる 怪我防止 肩紐自由調整 柔らか 可愛いりゅっく 動物柄 (蜂 夏用 35cm) ブラウン

人の魂と縁の深い生き物に蜂と蜻蛉があります。アブもありますが、アブはイメージから省かれやすいですかね。

夢買い物語はけっこうあり、

夢を買いとって権力者や貴族になったという話もあります。

 

買われたほうはただ悲しい思いをする話になりますが、夢買い物語も教育と絡んでくると夢を買うものは強欲で、その強欲で身を破滅するという話が出てくるのです。

 

なので、評判の悪い権力者だと夢を奪った悪人だから、この者は破滅したという理由付けになっていたりする時もあります。

 

破滅まで行かなくてもいいだろうと思い、買った夢ではうまくいかないという形を選びました。

 

わざわざこのブログに来て下さったあなたを、私は大切に思います。  

※基本的に聞き伝えるという形で、大筋は変えずに思うままに書いております。

三枚の絵

  三枚の絵

 

 三人の画家がいました。

 その画家たちは三人で評判のいい人の絵を描く旅をしていたのです。

 名前を、ソウカ、レンク、バトクと言いました。

 皆、習った先生は違いましたがとても評判の良い画家でした。

 形を正確に伝えるために、三人で絵を描き、三枚を一組として絵に残していたのです。

 三人はとても楽しく絵の旅をしていたのです。

 三人はお坊様の所へ行きました。

 お坊様は三人を笑顔でむかえました。

 お坊様は僧服に着替え三人の前にすわりました。

 三人が絵を描こうとした時です。

「本当の顔を教えましょう」

 お坊様がそう言うと、顔がさけ、本当の顔を見せたのです。

 めずらしいことがあるものだと、三人は楽しく絵を描きました。

 ソウカは仏様を描きました。

 レンクは明王を描きました。

 バトクは鬼を描きました。

 皆僧服は同じでしたが、顔が違います。

「素晴らしいですな、見事に描けている」

 お坊様は嬉しそうに言いました。

 その晩です。

 三人は三枚の絵を並べ話し合っていました。

 バトクの描いた鬼の顔が気になります。

「三枚とも顔が違うな」

 ソウカは言いました。

「立派なお坊様でも心に鬼がいるのかな」

 レンクが言いました。

「鬼で人を食っているとかかもな」

 バトクが言いました。

 三人は話し合います。

 お坊様がもし鬼で、三人が寝たら食う気なのならたまりません。

「見た目は仏、人が話せば明王、心は鬼というのはどうだろう」

 バトクが言いました。

「心だけならいいが口も鬼だったら大変だ、私たちも食べられてしまう可能性がある」

 ソウカが言いました。

「お坊様はどうか知らないが、この寺は古くからある寺だ。仏様に祈ってから寝よう」

 バトクの言葉に二人はそのとおりだと思い、

仏様に祈ってから寝ました。

 そしてバトクは祈りながら一枚の絵を仏様の前で描きました。

 三人は夢を見ました。

 白い犬が狸をかみ殺した夢でした。

 次の日、三人は死んでいる大きな牙を持った狸を見たのです。

「我々の絵のうではまだまだだな、狸を仏や鬼に描くようではな」

 バトクは犬の絵をひらひらとさせ、狸を見て笑ったのでした。

簡単きゃっとせらぴー

今週のお題「リラックス」

Dopet 自動給餌器 猫 中小型犬用 ペット自動餌やり機 タイマー式 録音可 最大15日連続自動給餌 3L大容量 中小型犬 猫用 自動給餌器 4食 ペットフードオートフィーダ 猫自動給餌器 餌入れ 給餌機 自動餌 猫 うさぎ エサ 自動えさやり ねこ 自動給餌器 ワンチャン イヌ ネコ エサやり ペットフード ご飯 自動 食器 猫 エサ タイマー 自動 犬猫お留守番対策 ペット用品 

 

猫の召使をすること。

 

あれ?

 

岩合さんはしっかりした顔の♂猫さんが好きだと言います。

猫さんはある程度の大きさがあると楽しいかなと思います。

 

私も大人の猫の方が好きです。

仔猫はペットショップでいいや。

 

布団も猫もリラックスにはある程度存在感が欲しいです。

 

富と成功の神は盲目と言うので、宝くじ二枚かいました。

一枚が1と7しか番号がないんですよ。

7が沢山ですよって言いますけども、当たらないでしょう。

買いましたけどね。

7と1だけなんて番号あるのだろうか?

今週末が楽しみですね。

幸運を呼んでくれるようにと買ったのです。

そんな番号外しておけよって思いますけどね。

 

_ (アンダーバー)

 

イルカのイルカくん

 

わざわざこのブログに来て下さった貴方を私は勝手に大切に思います。

伝聞昔話「金の蔵糞の蔵」(楽しい民話)

  伝聞昔話「金の蔵糞の蔵」

 

 

 お爺さんとお婆さんは夢を見た。

「お前さんたちが神社の帰りに立派な子供と巡り合うだろう」

 神様はお爺さんとお婆さんに言った。

 お爺さんとお婆さんさんには子供がなかったので何回も神様に子供ができるようにお願いをしていたので喜んだ。

 そして、お爺さんとお婆さんは神社の帰りに白い犬に出会った。

「おじいさん、おばあさん私を子供にしてください」

 犬はそう言った。

 お爺さんとお婆さんは困った。犬では困る。

「神様に言われたでしょう」

 犬はそう言った。

 たしかに犬の言う通りだと思い、お爺さんとお婆さんは犬を子供にした。

 子供なので、家にあげ、いっしょにご飯を食べた。

 ある日、部屋の真ん中で犬がうんちをしようとした。

「ここでうんちをするんじゃないよ」

 お爺さんが注意をすると、犬はうんちではなく黄金を出したのだった。

 毎日犬は黄金を出したので、お爺さんとお婆さんと犬は裕福になった。

「火かしておくれ」

 ある日、となりに住むお婆さんがやってきた。

 となりのお婆さんはお爺さんとお婆さんはの家の中に良い物が増えているのを感じた。

 理由を聞き、となりのお婆さんは犬を無理やり連れて行った。

 となりのお爺さんとお婆さんは犬を犬らしくあつかった。ご飯はいっしょに食べず、残り物を与えた。

 犬は部屋の真ん中で臭い糞をした。

 となりのお爺さんは怒り、犬を殺してお爺さんとお婆さんに犬の死体を返したのだった。

 お爺さんとお婆さんはとても悲しんだ。

 犬はくうんと鳴いた。

「私が死んだら燃やして灰にしてください。そして庭にまいてほしいのです」

 そう言うと犬は本当に死んでしまった。

 お爺さんとお婆さんは犬の言う通りにした。

 すると灰をまいた所から竹が生えてきて、ぐんぐんと伸びていった。

 そして竹は天の国まで届き、天の国にある金の蔵の床に穴を開けた。

 その穴から蔵の中の金が雨のようにきらきらとふった。

 そして、お爺さんとお婆さんの家の前にふりそそいだのだった。

 その光景を見てとなりのお婆さんがやってきてどうしてこうなったのかを無理やり聞いた。

 そして、残っていた灰を持って行ってしまった。

 となりのお婆さんは灰を自分の庭にまいた。

 すると、そこから竹が生え、ぐんぐんと伸びていった。

 そして竹は天の国まで届き、便所の床に穴を開けた。

 そして、その穴から、となりのお爺さんとお婆さんの家に糞がふりそそいだ。

 となりのお爺さんとお婆さんは糞に埋まって死んでしまったのだった。

カンロ 金のミルクキャンディ 80g×6袋

 

更新を休んでいた時に色々変わったことの一つに下品な話に対する考えがあります。

昔話と笑い話は違うと言いますが、

学者でなければ区別はされません。

 

笑い話になる時に足されるのが、うんち、おしっこ、おならです。

まぁ単純にエッチなものが足される場合もありますが、そういう話はほぼ消えています。

理由としては、昔話の構成に必要のないアドリブで足された笑い話だと解釈されて、文化の探求に不要と判断されたり、単純に下品でいらないし子供に聞かせられないと省かれるからです。

一応昔話と、下品なものが足された笑い話は違うというのは覚えてもいても良いかもしれません。

 

で、笑い話になぜなるのかと言うと、それは楽しませようという気持ちからだと思います。その歴史は古く、今昔物語や宇治拾遺物語にもただうんちで笑うための話になりかけている話があります。

私は学者ではないので、その下品な話も拾っていきたいなと思います。

なのでうんちとおしっこ、おならの話を拾っていきたいと思ったのでした。

 

お子様も好きですし。

 

わざわざこのブログに来て下さったあなたを、私は大切に思います。  

※基本的に聞き伝えるという形で、大筋は変えずに思うままに書いております。