怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談童話創作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

けけけ尼

  けけけ尼

 

 えらいお坊様とは欲を自分からはなすことができた者だと言います。

 女性と一度も会わないために生まれてから一度もお寺から出なかったお坊様もいたそうです。

 そのお坊様はお米を麦を一度も食べたことがありませんでした。

 葉や根っこを食べて修行をしていたのです。

 ある日、お坊様は山で道に迷いました。

 それもなにかの縁かもしれないとお坊様はただただ山を迷っていたら、小さいですがきれいなお寺につきました。

 そのお寺はよく手入れされていて、まるで宝玉のようにかがやいて見えたのです。

 お寺の中には尼様の死体がおりました。

 その死体は美しくとても良い香りがしたのです。

 お坊様が尼様に近づくと、それは尼様の死体ではなく人形だったのでした。

 お坊様はこのお寺が気に入ったのでここで修行をすることにしたのでした。

 お坊様はそこで千日修行をしました。

 その間、お坊様は尼様の人形をずっとそばに置き、夜は並んで寝たのでした。

 その修業はとても楽しく、まるで極楽にいると感じたほどです。

 お坊様が目を閉じ深く深く瞑想をする姿を尼様の人形は歯を見せるように笑いながら見ていました。

 そして千日修行をしたお坊様は尼様の人形を連れて山を下りました。

 お坊様が寺に戻ると寺の者たちは大変喜んだのでした。

「お坊様、いったい山で何を食べて過ごしていましたか」

 ふと小僧がお坊様に聞きますと、

「あの寺にいる間は不思議と腹が減らなくてな、何も食べていない」

 お坊様はそう答えました。

 小僧たちは立派なお坊様はすごいものだと感心したのです。

 小僧たちが尼様の人形に近づくと、

 けけけ

 という声を聞いたような気がしました。

 翌日、お坊様は尼様の人形の横で安らかな顔で死んでいたのでした。

 お坊様の葬式の間、けけけという声を人々は聞きました。

 そして村に町に国にと悪い病気が流行ったのです。

 尼様の人形は真っ赤になり牙を見せて笑っていました。

くろくち

  くろくち

 

 ウツキという名の男が夢を見ました。

 その夢は変わった夢だったので、蕎麦屋で隣にいた老人に話しました。

 老人はその夢を蕎麦一杯で買いました。

「いい物を買った」

そう言うと、老人は鬼になりました。

そして、鬼は飛んでいきました。

 それから、ウツキは怪しい者を見るようになりました。

 その物は三尺ほどで、黒い人の形に口だけの姿でした。

 ウツキがその物の方を見ると、かちかちと音を立てました。

 それはウツキのかげのように後をついてくるのです。

「変な物がついているよ」

 友人が言うと。

「あぁ、こまっている」

 ウツキは答えました。

 はじめは、ただついてくるだけでした。

ですが最近ウツキはよくかちかちという音を聞くようになりました。

 かちかちという音はただただきみが悪く、不快でした。

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

 ウツキはただくりかえしていました。

 ウツキの前に一匹の白い犬があらわれました。

「ウツキがくろくちに好かれたそうな」

 白い犬はそう言ったのです。

 かちかち

 かちかち

 くろくちは楽しそうにならしました。

 ウツキは好かれたということは、不気味だがなつかれているのかと考えました。

「くろくちは人が好物だからな」

 とさっきの犬は言ったのです。

「うわぁぁ」

 ウツキは叫び家まで走りました。

 ウツキが飛び込むように家に入ると、

 かちかち

 かちかち

 家の中ではくろくちがウツキを待っていました。

 ウツキはどうしていいのか分からないので、

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

 と唱えながらくろくちと過ごしました。

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」」

 そう唱えながら、ウツキはくろくちが枕元にいましたが疲れていたので眠りました。

 かちかち

 かちかち

 くろくちは音を立てていました。

 ウツキはその夜に夢を見ました。

 その夢の通りに山の中にある壊れかけた寺に行きました。

 寺にはあの鬼がいました。

「何しに来たのかね」

 鬼がウツキに言いました。

「お前さんに夢を売った前の晩、私は夢を見た。悪い鬼が気まぐれにお前を不幸にしようとしているから、これから話す夢を鬼の化けた老人に売れと、そう仏様に言われた」

 ウツキの言葉に鬼はあわてました。

 くろくちは

 かちかち

 かちかち

 と音をたてていました。

「悪いね、お前さんに売った夢は見ていないのだ」

 男がそう言うと、くろくちは消えました。

鬼は叫びながら消えました。

鬼は悪い夢を買ったので、悪夢にとじこめられたのです。

「夢など買うからだ」

 男はそう言いました。

 かちかち

 かちかち

 どこからでしょうか、音がしました。

思いが鬼

  思いが鬼

 

 言葉には力があります。

 それを言霊といいます。

 言葉に力があるのは、言葉につよい思いがあるからです。

 月があやしい夜の話です。

 男が歩いていると、青い着物を着た女がうろうろとしているのを見ました。

 こんな時間におかしいと男は思いました。

 そして、男が女をよく見ようとしたら、女が男の顔をみてにやあと笑いました。

 男は、この女は鬼かなにかだろうと思い、まずい奴に会ったと思いました。

「すいません、私は扇屋のカロウエモンという男の家を探しています」

 女は男に言いました。

 男がだまっていると、女は男に近づいてきました。

 女は女のひたいと男のひたいをくっつけ、大きく目を開き男を見たのでした。

「カロウエモンの家はどこでしょうか。扇屋なので分かりやすいと思いますが」

 女は男に聞きます。

 男はおそろしくてたまりませんでした。

「ああ、ただとは言いません。教えくれたら明日油屋に来てください。私は油屋の娘です。お礼をさしあげます」

 女は目を大きく開き、男に言ったのでした。

「聞く必要ないだろう、聞いてどうするのだ、どうなるのだ」

「カロウエモンがどうなるのか心配なのですか。あなたはカロウエモンの知りあいでしょうか。カロウエモンの家を教えてくれれば良いお金になるのですよ」

 男の言葉に女は息をあらくして答えたのでした。

「私たちはずっと扇屋の前にいるではないか」

 男はいやな汗を滝のように流しながら言いました。

「ありがとう。教えてもらわないと入れないのです」

 女はそう言うと、かき消すようにきえていったのでした。

 そして、男は扇屋から叫び声を聞いたのでした。

 次の日、男は油屋へ行きました。

 油屋には昨日の夜見た女がいました。

 男が昨日会ったこと話すと、

「私の思いが鬼となってあの男の所に行ったのでしょう。約束どおり礼をしましょう」

 と女は男に言って、

かかかかか

と笑い、男に五十両を渡したのでした。

 男はその五十両を見つめ、

「昨日の夜のは夢だ」

 男はそう言うと、五十両をふところにしまったのでした。

 

伝聞昔話「酒虫」(聊斎志異「酒精」より)

  伝聞昔話「酒虫」

 

 

 昔々の中国に酒が好きでまるまると太った男がいた。

 裕福な家系で、田畑の一部を自分の酒のために使っていた。

 その男の所に一人の道士がやってきた。

「あなたは悪いものに取り憑かれている」

 道士は男にそう言った。

「私は何にも憑かれていません。どこも悪い所はないのです」

「いくら酒を飲んでも満足できないでしょう」

 道士の言葉に男はたしかに酒をいくら飲んでも満足しないと思った。

 家が裕福なので気にしたことはなかったが、かなりの量の酒を飲む。たしかに悪いことかもしれない。もしかしたら悪いことがおこる前兆かもしれないと思った。

 道士が治療の方法があるというので試すことにした。

 日向で男は台にしばられ、三尺ほどはなれた所に酒を入れたどんぶりを置いた。

 しばらくするとのどが渇いてくる。酒の匂いがのどの渇きを耐えられないものにする。

 渇いたのどに、うまそうな酒の匂いがどうにもたまらない。

 がまんができないという思いが強くなり、のどにつよい違和感と吐き気がしてくる。

 そして、ぺっと何かを吐き出した。

 酒の入ったどんぶりで三寸ほどの赤い虫が泳いでいた。

「これは酒の精です。こいつがいたからあなたはいくら酒を飲んでも満足しなかった」

 道士は男に教えた。

「悪いものをとっていただき、どれだけお礼をすればいいか」

 男が礼をしようとすると、道士はその酒の精を水に入れればうまい酒になるのでその精をくれればいいと言った。

 そして、道士は酒の精をひょうたんに入れてどこかへ行ってしまった。

 不思議なことに男は酒の精がいなくなってからあれだけ好きだった酒を憎むようになった。

 酒を飲まなくなった男はみるみるやせ、そして家の財産も男のようにやせていった。

 ただ、なんとなくやせた時に体と同じように頭もすっきりとさえるようになった気がした。

 男は貧乏と空腹の中、まるまる太った酒好きの金持ちの話を聞いた。

「なかなかうまくいかないな」

 男はあの道士を思い浮かべ水を一杯飲んだのだった。

 

獺祭(だっさい) おためしセット 180ml×3本

 

中国の聊斎志異(りょうさいしい)より。

300年ほど前の新しい説話集です。私の中では新しいです。

 

今昔物語と雨月物語が混ざってるような印象です。

短い民話と創作がしっかりされている物語といえばいいでしょうか?

そこそこボリュームのある話も混ざっています。

話の質もばらばらで熱意の違いも感じることができます。

約500話あるといいます。

 

この話は禁酒に成功したら財産もなくなるというある意味人生の複雑さを感じさせるお話です。

 

人が筆を持ってから富と成功の神様は盲目であると考えられており、富の神様はいい加減に人を選ぶのだと数千年前から思われています。

諺でも良馬はいちばん乗られ、よい人は一番使われるという言葉や考えもあり、この話はなかなか複雑な人生観を感じさせてくれます。

 

酔っぱらったお坊さんが話をいじっただけの可能性もある?聊斎志異だと中国から日本にわたり、また中国に帰ってきたUターン民話といってもいい話もあるでしょう。

 

言葉や物語って不思議な旅をするんですよね。

 

 

わざわざこのブログに来て下さったあなたを、私は大切に思います。  

※基本的に聞き伝えるという形で、大筋は変えずに思うままに書いております。