怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談童話創作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

茶話

本って何だろう

今週のお題「雨の日の楽しみ方」 雨の日は猫でしょう。 で一緒に本を読みましょう。 売れた本の良い所は。 読むだけなら安く読める所です。 気に入ったらまた買いなおせばいいのです。 このボブ・バーグとディビッド・マンの人を動かす技術も売れた本です。 …

牛乳で飲みやすく

今週のお題「家で飲む」 お酒を牛乳で割ると飲みやすくなります。 様々なリキュール。 ミント、コーヒー、ピーチにココナッツ。 様々なリキュールは牛乳と相性がいいです。 抹茶のリキュールもあります。 ミントリキュール、カルーアにマリブにジャパンと呼…

夏休みなどの日記を考える「古典を読む」

GWの悩みに宿題の日記をどうするかという問題があったそうです。 GWは10日ですね。 10日でも悩むなら夏休みはもっと大変でしょう。 なので、 日記を考えたいと思いました。 ちなみに7月の中頃に夏休みの日記のヒントという記事を仕込みました。 こちらは実用…

GWに本の捨て方、読み方から文章を考える

本も文章も小見出しが大事 GWです、そして平成も終わりです。 本を読んでいますか? 今日本霊異記を読んでいる予定です。 最近読んだ本は、 社会人らしくDAIGOさんの本を二冊です。 週40時間の自由をつくる 超時間術 作者: メンタリストDaiGo 出版社/メーカ…

おかしおかしクイーンティラミスパフェ

健康に一番いいのは 料理だと思います。 何を食べているのか分かるからです。 で、お菓子。 紅茶と緑茶のブレンドをクイーンブレンドといったはず。 なので、 抹茶のアイスと紅茶のカスタードで クイーンティラミスパフェ 紅茶の色が上手く出せませんでした…

長生きみそ汁

今週のお題「新生活おすすめグッズ」 医者が考案した「長生きみそ汁」 作者: 小林弘幸 出版社/メーカー: アスコム 発売日: 2018/06/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る けっこうレシピがのっています。 私は 最近この味噌をと…

とろとろオムライス

なんとなくお料理教室行ってみた。 個人的には満足です。 みじん切りの上手な仕方なども教えてもらったのは良かったです。 知らなかったのと言われた困りますが、 今は知っています。 わざわざこのブログに来て下さった貴方を私は勝手に大切に思いますよ。 …

お茶漬けオムライス

オムライスの中のご飯を冷凍のピラフやチャーハンなどにすれば、 色々なソースが使えます。 お茶漬けにネギを入れて、片栗粉で軽くとろみをつけました。 ノリが見た目的にあれですね。 基本的にオムライスをまくときは鍋を軽く振りますが、 いきおいをつけな…

今週のお題「2019年の抱負」 人生が只今迷走しております(何? のどのトレーニングもかねてゴスペルを始める予定だったりとかでなんか混沌としていますが、体はありがたいことに元気です。 あとは折り紙でアクセサリー作れないか試行錯誤していたり、色々や…

簡単きゃっとせらぴー

今週のお題「リラックス」 猫の召使をすること。 あれ? 岩合さんはしっかりした顔の♂猫さんが好きだと言います。 猫さんはある程度の大きさがあると楽しいかなと思います。 私も大人の猫の方が好きです。 仔猫はペットショップでいいや。 布団も猫もリラッ…

幻の日本シリーズ第7戦。どうも新聞の締め切りが早いらしい。

お題「今日の出来事」 我が家の地域新聞の締め切り何時よ。 隣が珍百景と言うのが素敵。 新聞読んでて締め切りはやいのだと感じてましたが、野球の結果前だったとは。 カープファンだったら憤怒かもしれませんね。 日本シリーズはSBの選手は有名な選手が多い…

教養と自己啓発とマニュアル人間

irorio.jp 画像見る限り意識高そうな本が多そう。 10冊って難しい数字ですね。 個人的な考えだと意識高い系の本は実用であって教養からは遠いイメージです。 何故でしょうか? 教養は実用から遠いからでしょうか? 教養も芸術(文学も)も実用書もバランス…

折り紙で簡単アーティスト&数学的脳トレ

芸術の秋です。 天高く画商肥ゆる秋などと言ってはいけません。 色々な芸術がありますが、気楽な芸術体験に折り紙があると思います。 折り紙の特徴は紙を選べます。 和紙を使えば鶴でもなかなか素敵なインテリアですし、 正方形で切らないというこだわりを持…

諸説あり

お題「どうしても言いたい!」 諸説あるという言葉があります。 色々本を読むと諸説あるという言葉には複数の可能性があると、複数の答えがあるということが身に沁みました。 日本だと七夕やお祭りの多くもそうですね。今話題のハロウィンも最初はもう分から…

横浜10月31日

今週のお題「ハロウィン」 ハロウィンの服なのに寒そう。 ハロウィンですね。 NHK横浜放送局 | イベント情報 コントラステさんのジャズライブを聴いてきました。 かっこよかったです。 ジャズにバイオリンやフルートが入るのが好きです。 バイオリンやフル…

かそうと昔話

今週のお題「ハロウィン」 ジャズ聞きに行こうかな。 31日はなんか変な人がいっぱいかしらね? 昔だと仮装に妊婦もあったそうですね。 不謹慎だと今はないそうですが。 アメリカのドラマだとハロウィンだとオカルト風味の話が定番ですね。 呪いの道具みた…

大森ウータン

大森のウータンフェスフェスタに行きました。 www.utan.jp ベリーダンサーの方は迫力があり、リングで踊ったのもあって、女子レスラーに見えました。あの衣装ではプロレスは出来ませんがね。 でも今の細いレスラーだとベリーダンサーの方がレスラーに見えそ…

お気楽戦争体験とスイーツ論

今週のお題「最近おいしかったもの」 タイトルに偽りがあります。なんとなく盛ってみました。 谷崎潤一郎は戦時中とろろご飯を食べていたそうです。 あと、今の価値で50万円をかけてすき焼きも食べたとか。 50万円です。 今だったら何が食べれるでしょう…

秋なので本とジャズ

お題「筒井康隆」 筒井さんの創作の極意と掟。 題読んで分かるようにエッセイです。 小説とかを例に出される時の問題はネタバレですね。 映画でもそうですが、なかなかラストまで語るのが難しいですね。 そう言う意味では詩や俳句は良いですね。 最後まで書…

アイスのせトースト

今週のお題「ひんやり飯」 けっこう万能食として良いと言われているアイス。 こんがり焼いたトーストにアイスをのせたアイストーストは朝ご飯にいいそうです。 国によってはポピュラーな朝食だとか。 子どもはアイスだけ食べて終わるとも。 それじゃただのア…

村上春樹さんが候補のノーベル賞の代わりの新ノーベル文学賞って何?

headlines.yahoo.co.jp 新文学賞はスウェーデンのジャーナリストや作家らが中心となって新たに設立した団体「ニューアカデミー」が選考。10月12日に受賞者を発表するという。 今年はノーベル賞が発表できないから今年限定で作るそうです。 他に最終候補に残…

お呪いマシンガン

今週のお題「#平成最後の夏」 地球の人に飽きたから、何かに会いたくて百物語を書きました。 嘘です。百物語を書いたのは本当です。 不思議ネットさんで百物語が公開されています。 不思議.net world-fusigi.net コメントを受け止めて、これからに生かしてい…

百物語作法

お題「わたしの黒歴史」 百物語は気楽なレジャーの一つです。 気軽に楽しまれている方が多いでしょう。 多いわけがないですね。 artart1982.hatenablog.com だらだらと雑に百物語に書いてきたので、最後にまとめたいと思います。 百物語は夜に百本の蝋燭を一…

ホルマリンプールに浮かぶ青春(読書感想文)

お題「好きな作家」 夏らしく読書感想文です。 本は「死者の奢り」大江健三郎です。 “死者たちは、濃褐色の液に浸って、腕を絡みあい、頭を押し付けあって、ぎっしり浮かび、また半ば沈みかかっている。” 大江健三郎の死者の奢りはこのように始まります。 何…

降霊術の礼儀(降霊術で美形になれるのか?)

降霊術の礼儀 百物語に振り回された平成最後の夏。 降霊術だと、百物語やひとりかくれんぼなどがあります。 ひとりかくれんぼの人形の中身 ひとりかくれんぼは、人形に米を入れます。米には魂があると言われており、おにぎりなどの御備えは米が魂に縁が深い…

夏の終わりに呪術としての百物語

お題「わたしの黒歴史」 呪術としての百物語 夏らしいことがしたいと思い、花火は火傷するかもしれません、ならば百物語です。 百本の蝋燭を用意して、百個の不可思議な話を一話ずつ読むたびに蝋燭を消していく。 花火のようなことはできない、でも何かした…

なまはげ

神奈川育ちなので神奈川のことを書いてもいいですが、 父が東北の人間なので、東北で。 東北には様々なものがあります。 秋田県の鷹ノ巣には世界一の大太鼓があります。 で、なまはげの話でも。 なまはげは なぐごはいねがーと言いながら包丁を振り回す鬼の…

上々颱風の白崎さんに頭を叩かれた話

近所で湘風音楽堂という番組の公開収録があったんですよ。 近所の駅で公開収録ですよ。 J:COMさん、凄いなって所で公開収録です。 何故あそこ選んだのでしょうか? 番組は北原照久さんとテミヤンさんの湘風音楽堂という番組でした。 公開収録やる場所じゃな…

日光金谷ホテル

今年の5月の話です。 水曜日の日光は定休日のお店が多く、人の数も少なく落ち着いていました。 日光は山の落ちついている空気が似合う街ですので、お目当ての店がなければ水曜日は落ち着いているので分かっていれば選択肢としていいと思います。 日光金谷ホ…

百物語論

百物語とは何か ※下に百物語のリンク入れました。 百物語は百個の蝋燭を一つ話を終わるたびに消して、 百個物語が終わると何かが話すとか話さないとか、降霊術の一種です。 で、百物語は色々ありますが、考えなくても分かると思いますが。 とても大変です。…