「言葉の世界旅行記」併「古典文学黒歴史」

「コトバノセカイリョコウキ」HEY「コテンブンガククロレキシ」

自由記述帖

自由記述帖「又鬼(またぎ)」

自由記述帖「又鬼(またぎ)」 ニロクという名の腕の良いマタギがいました。 そのニロクが家で酒を飲んでいると、女が家に入ってきたのです。 その女はとても背が高く、青い目で、生きた花が咲いた着物を着ていました。 ニロクはこれは面倒なのが来たと思い…

140字小説「天ぷらそば」

「天ぷらそば」 天蕎麦の天ぷらは衣が厚くなければならぬ。 蕎麦のつゆに負けない、 衣のしっかりとした天ぷらが天そばには必要である。

140字小説「盗人坊主」

「盗人坊主」 ある坊主が盗み食いをした。怒った仏は罰を与えた。盗み食いした物が鼻から出るという罰を。

自由記述帖「日光金谷ホテル、コンソメスープ」

お題「思い出の味」 自由記述帖 「日光金谷ホテル、コンソメスープ」 名前の通りに、日光にある、日光金谷ホテルでの夕食に出たコンソメスープには筍が美しい琥珀色のスープに入っていて、複雑でしっかりとした伝統と格式を感じる味のコンソメスープでした …

140字小説「平茸坊主」

「平茸坊主」 生臭坊主は平茸になるという。 だから平茸はたいしたことのない食物だと。

140字小説「座敷童」

「座敷わらし」 座敷童は座敷童集である。 子供達が五人で遊んでいた。 ふと気が付くと、六人いる。

140字小説「化け猫」

「化け猫」 猫が年を重ねると化け猫になる。 しっぽが二つにふえて怪しげな術を使う。 そして仕返し帳に書いた相手に復讐をする。

140字小説「怪談」

「怪談作家」 怪談作家がいた。 怪談作家の家に近所に住む少年がたずねてきた。 「怪談作家ですから夜が好きですか」

140字小説「張物女房」

「張物女房」 木の枠に布を張った物を張物と言う。 画家が張物に女を書いた。 描かれた女は見事だった。

140字小説「ハンバーグ定食」

「ハンバーグ定食」 男が馴染みの定食屋に行った。 「珍しいハンバーグどうですか」 定食屋の主人が言った。 男がそれを頼むと、主人はにやにやとそれを作った。

140字小説「山女」

「山女」 昔、山女という洋人のような者がいたらしい。 詩仙といわれた李白は漢民族ではないという者がいる。 中国には碧眼の人がいたという。

140字小説「夢買い」

「夢買い」 男が夢を買った。良い夢を買ったのだ。 イセエビを腹いっぱいに食べる夢を買ったのだ。 男は夢を買ったので成功が実現するのを寝て待った。

140字小説「反魂香」

「反魂香」 二人の老人がつまらない賭けをした。 反魂香という死人が煙に出るお香を焚き、 どちらの思いが強く死んだ女房を思っているか賭けたのである。