怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

140字怪談「まがいもの」

140字怪談「まがいもの」 山には河童がいる。山には天狗がいる。 どちらも山の神である。 たまに山を歩いていると、甲羅を背負った鳥みたいな河童にも天狗にもなれなかった奴をみることがある。 神になれなかったのだ。 目を合わせるとおまえおまえと叫ぶ…

140字怪談「お狐様」

140字怪談「お狐様」 山にある寺で狐にあった。 「昔は酒に厚揚げがおいしかった。ねぎをかけたら竹虎。 大根おろしで雪虎となる。ただ飽きてきた」 狐は哀れな声で言う。 「チーズケーキは良いな、あれなら百年後も悪くならないだろう」 狐はそう言うと…

140字小説「生まれ変わったらベンガルでした」

140字小説「生まれ変わったらベンガル猫でした」 あの日は嫌な天気だった。 トラックがふってきたのだ。 雨のようにトラックがふってきた。 そして私は猫に生まれ変わった。 美しいベンガルだ。私はまるくなって寝た。 起きると、サバトラが寄ってきた。 …

アフィリエイトブログの作り方からそうじゃないブログを考える。

アフィリエイトからそうじゃないブログを考える。 なんとなく初めたもしもアフィリエイト。 そこの特徴はアフィリエイトの講座があることです。 有料のアフィリエイターの養成講座もあるそうです。 私が読んでるのは有料講座の呼び水ですね。 そこで分かった…

枕草子で学ぶブログ術!素敵な日記はいつも過激!

清少納言流日記術はスパイシー 清少納言さんの枕草子を読んだことありますか? 春はあけぼの やうやう白く~~ が有名ですね。 有名な理由は読みやすいからです。 読むだけで、なんとなく意味は分かります。 残念なことにどんなに素晴らしくても読みずらいと…

詩会「男について」滝口雅子

詩会「男について」滝口雅子 男は知つている しやつきりのびた女の 二本の脚の間で 一つの花が

あそびあそびませ中世の遊び

今週のお題「ゲームの思い出」 好きなゲームはFFCC 大きな声で言ってみる。 ファイナルファンタジークリスタルクロニクル 長い。 DSのはどっちも好きです。 クラヴィット♂への贔屓がひどいゲーム。 レイルジャケットが強すぎる。 ファイナルファンタジー・ク…

伝聞昔話「袴垂保昌に会う」(宇治拾遺物語より)

伝聞昔話「袴垂保昌に会う」 袴垂というたいそうな盗賊がいました。 それは十月ごろでした。 衣が欲しくなった袴垂は、いい衣がないかと探していました。 人々が夢の中で笑ったり泣いたりしているころです。 一言で言えば夜です。 朧月の下、衣をたくさん着…

平安のスーパースター「安倍晴明」

平安のチートスター安倍晴明 セーマンと呼ばれる五芒星で有名な安倍晴明。 フィギアスケートでも有名な安倍晴明。 古典の読解に役にたつかと思ってと調べましたよ。 結果でいえば、古典の読解には陰陽道に興味なければ無視していいとおもいますが、 調べたの…

リライトの危険性とURLの再利用を考える。

リライトを考える 一回下書きに戻して、日付を変えて再公開するのをリライトと言います。 リライトはURLを維持してやらないと、はてなスターやはてブなどが消えます。 その情報はURLが持ってるからです。 なので、リライトですが、URLを維持していないと検索…

頭の良い人どんな人?と怪談論

頭よい人どんな人? はじめに、 怪談徒然草って本があるのね。 なので草子にしました。 頭がいい人ってどんな人でしょうか? 今昔物語だと、質問に説話で答えられる人です。 説話が根拠になっています。 質問に根拠を持って答えられる人になりますね。 地の…

We are W杯!私たちは青い侍

日本代表は頑張ったから私たちが頑張ったの 勝てば官軍、負ければとはよく言いますが、 勝てば私たちが勝った、負ければあなた達が負けたになります。 たまに私たちが負けたという人もいますが、少し入りすぎですね。 なぜそうなるのか? 代理戦争だからです…

140字怪談「電柱」

140字怪談「電柱」 電柱1本植えると、化け物10匹いなくなります。 10本で100匹がいなくなるのです。 化け物のいない国のために、電柱はたくさん植えられました。 化け物も数が少なくなりました。 河童もだいぶ減りました。 いつからでしょうか。 …

「記事を削除してもグーグルに残ってる」と「安倍晴明ちゃん」

お題「どうしても言いたい!」 削除した記事でもグーグルには残っている 困ったことが起きています。 削除した記事に検索で来てる人が結構いるらしい。 記事は消せてもグーグルからは消えないんですね。 なので、その記事にグーグルからアクセスした人は、記…

雨月物語まとめと140字小説とURLの再利用?

なんかこのURLにグーグルからアクセスがあるので、再利用できるのか試験です。 雨月物語のまとめの記事になります。 仮名暦のリンクは下に。 artart1982.hatenablog.com おまけで、Twitterに投稿した140字小説。 140字小説「横綱」 横綱の趣味は川に行…

今昔物語と宇治拾遺物語の芋粥を考える

今昔物語と宇治拾遺物語の芋粥を考える 古文を読みたい人が何から読めばいいのか? 訳読めばいいじゃないは除いて、治拾遺物語の芋粥を考える おすすめは、 「今昔物語」「徒然草」「宇治拾遺物語」です。 理由は、話が沢山あるので、読みやすい長さと難易度…

オウムのようなカルトと戦うには?

カルトの信者は教祖が詐欺師だと知っている カルト宗教に入ってる人がなぜ洗脳が解けないのか。 それは、自分から騙されたいという願望からではないかという話があります。 カルト宗教の信者は、ほとんどが騙されたいと願望を持っている信者と、それを利用し…

詩会「洗面器」金子光晴

詩会「洗面器」金子光晴 (僕は長年のあひだ、洗面器というふうつはは、僕たちが顔や手を洗ふのに湯、水を入れるものばかりと思つてゐた。ところが、爪哇人たちは、それに羊や、魚や、鶏や果実などを煮込んだカレー汁をなみなみとたたへて、花咲く合歓木の木…

貴方の哲学の道を散歩しよう。哲学の道の作り方。

哲学の道を作ろう 哲学の道と呼ばれている道があります。 永観堂付近の日本の道100選に選ばれている、その道は、文人の道と呼ばれていました。 文人が多かったからです。 そして、 西田幾太郎や田中元らが好んで散策したことから哲学の小径と呼ばれ、今は…

七夕過ぎメドチ雑談(かっぱ)

今週のお題「星に願いを」 七夕の後はメドチ(河童)です 七夕って、いまさら? じゃあ七夕らしく愛の句。 汗ばんだ 手でつなぐ かささぎの橋 けの歌に 思いをえがく 星の橋 今更七夕ですね、 いま、さら。 今、皿で、河童の話しますね。(ぇ?)

伝聞昔話「犬頭糸」(今昔物語より)

伝聞昔話「犬頭糸」 三河の国に二人の妻に養蚕をさせ、儲けていた郡司がいました。 なぜか本妻の蚕が全部死んでしまいました。 郡司は本妻が何か悪いことをした祟りだと思い、本妻から離れたのでした。 郡司が通わなくなり、本妻は二人の従事と共に貧しく心…

富の神河童様と鉢かづき姫

河童は富の神 この記事は河童で町おこしをしてる方対象です(対象が狭い) 河童で町おこししたい、でも河童ってたくさんいる。 良い情報があります。 河童は富の神です。 なぜか? 水も皿も富の象徴だからです。 もう一つ、柳田先生は芥川先生や泉先生によっ…

「返報性文明論」併「テレビが苦しんでいる理由」おまけ「全知が死んだ日」

返報が文明である 人間は恩を感じる、それが文明の大黒柱です。 動物も感じますけどね。返し方が違うだけです。 ただ、恩の面白い所は、 それが鎖でもあることです。 いいえ鎖です。 その鎖でしっかりと作るのが文明です。 文明の基本は恩は返すものです。 …

140字小説「地獄日記」

「地獄日記」 紫式部は地獄に落ちました。 二枚舌の作家は地獄で暮らすのです。 あの人も地獄でしょう。 政治家も夢物語すら語りませんが地獄でしょう。 そんなことを考えていたら、 猫が飯だと言いました。 にゃあが欠伸に負けました。 猫とのんびり天国も…

「天邪鬼は芸事論」併「後期高齢者の力を思い知れ」

「まなぶ」はなぜ「まねび」なのか? 一言で言えば、 知らないことはできないからです。 性質上、2次創作の同人作家さんは元ネタという具体的な目標があります。 その目標との力量の差が質です。 で、そうじゃないオリジナル作家は、具体的な目標を作らず、 …

詩会「世界の構造」粕谷栄市

詩会「世界の構造」粕谷栄市 私は、「世界の構造」と言う書物を愛読している。もうずっと以前、田舎町の古物屋で、柄のとれた火桶と一緒に買わされたものだ。 ぼろぼろの表紙の分厚い本で、作者も、出版された所も判らない。唯その活字の形から、大体百年位…

「ヨーロッパの諺」と「悪の美学」

不幸が一人でくることはない ヨーロッパのことわざ 不幸は団体旅行。幸福はおひとり様。 これって、 不幸は簡単に分け合えるけども、幸福は簡単に分けることが出来ない。 って言葉思い出しますね。 悪の美学

アフィリエイトが教えてくれた大事なこと

今週のお題「2018年上半期」 アフィリエイトに教わったブログの方向性 ブログをはじめて、どう書いていくのかすごく悩みました。 内容が地味だからです。あれした方がいいのかな? これやった方がいいのかな?悩みました。 このブログのタイトルは怪談「徒然…

伝聞昔話「毘沙門天の文」(宇治拾遺物語より)

伝聞昔話「毘沙門天の文の話」 越前国に伊良緑野世恒という者がいました。 伊良は毘沙門天に一途に祈っていました。 祈っている間は何も食べなかったので、伊良はとても腹が減っていました。 「一途に飯も忘れ祈っていたので、腹が減ってしまいました。どう…

7/7が近いから7/1は七夕様の話

七夕様はだれ? 7/7は七夕様にお願いをします。 宝くじが当たりますようにとかスイッチが欲しいですとか。 七夕さまってなんの神様でしょうか? なぜ七夕様は中国風の服を着ているのか? なぜラブストーリーの神様にお願いするのか? 日本にはタナバタツメ…