怪談「徒然草子」

徒然なるままに、きいぼうどと心にまかせて、古典狂の怪談作家の結果的にここだけの怪しいかもしれない話

伝聞昔話「小藤太婿におどらされたる」(宇治拾遺物語より)

  伝聞昔話「小藤太婿におどらされたる」

 

 源大納言定房の家臣に小藤太という侍がいました。

 小藤太は主の政務を執っており、その手腕で屋敷は三倍にも四倍にも広がったのでした。

 娘も小藤太と同じ主人に女官として仕えていました。

 その娘の所へ良家の息子が通っていました。

 

 その婿は昨夜から娘の局にいました。

 雨が強く家に帰る気がしなかったのです。

 娘は出仕していなかったので、婿は一人でごろごろと屏風を立てめぐらして寝ていました。

「婿殿もこの雨では暇だろう。そうだ酒と肴を持っていこう」

 そう言うと、小藤太はごろごろしている婿のために酒と肴を用意し、奥の方から持っていくことにしました。

 

「早く帰ってこないかな、雨も飽きずに同じ音を繰り返すのではなく、楽しい音楽でも奏でればいいのに。雨と比べると鳥は歌の名人だな」

 婿は雨を眺めながら言いました。

 すると、奥の方から遣戸を開く音がしました。

 

「おぉ帰ってきたか」

 婿は嬉しくなって、衣を顔にかぶせ、下半身を出して、娘をすぐに抱けるように手などを使い、準備をしたのでした。

 

 小藤太が入ると、婿が下半身を出して娘を迎える準備を整えていたのです。

 小藤太は婿の準備の出来た股間を見ました。

そして、驚いた小藤太は気を失ったのでした。

 小藤太の心をあらわすように酒と肴は飛び散ったのでした。

 おもしろい

 

聞き伝える昔の話でございます

 

 

宇治拾遺物語より。

なぜか後半部分を読み違えてました。

つまらないのが悪いんだ。

書き直したら前より内容がひどくなった。

あらすじが最悪な話ですね…

 

というかちゃんと読んでたらブログ開設した当時なら、

この内容なら書かなかったな。

それにドタバタ劇にした前の方がよかったかも。

 

原文はしっかり丁寧にかいてあります。

しこしこと…

下品すぎて頭が理解を拒絶したんだよ

 

冷静に考えたら、三毛猫の経立は後半丸っと変えて、

はっぴぃえんどにしたから、

違っても個性と言い張れたのか?

いや、今必要なのは、

 

読み間違えてすいませんでした。

気づいたらちゃんとこっそり修正します。

 

 

※基本的に聞き伝えるという形で、大筋は変えずに思うままに書いております。

 

 

artart1982.hatenablog.com